3月号ほっとらいんについて【お詫びと訂正】

2020年3月号のガス節約術「残り湯を沸かし直す」という項目で、記載内容に誤りがございました。

誤:
新しく入れなおすよりも、翌日の沸かし直しの方がガス代の節約につながります。

正:
新しく入れなおすよりも、翌日の沸かし直しの方が水道光熱費の節約つながります。

 

正しくは以上の通りとなります。
お詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます。

補足となりますが、お湯の入替えと追い焚きでは給湯器の熱効率が同じであれば、光熱費は同等となります。ただし、ご使用の型式や年式によりますが、通常は給湯側の熱効率が追い焚き側よりも勝っているので、ガス代のみで考えた時には、お湯の入替えの方がややお得になります。
(平成23年11月号記載内容)

一方、お湯入替え時の水道代を含めて考えた場合、追い焚きの方が水道光熱費の節約につながるという事になります。

 

記載内容に不十分な点があり、大変申し訳ございませんでした。
今後ともほっとらいんをよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください