昭和レトロな「ミニクック」

先日、お客様からガスボンベを処分したいというお話を頂き、こちらのボンベをお預かりいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん!? 中々見慣れない形状です。
一緒にお預かりした取扱説明書を見ると、ガスボンベとコンロが一緒になった、「ミニクック」という商品だということが分かりました。

 

 

 

 

 

 

容器証明書も一緒にお預かりしたので、そちらを見てみると、記載の公布日は昭和49年!!!
西暦に直すと、1974年。つまり、ほぼ半世紀前の商品です!

 

これは珍しい!ということで、社内でもちょっとした話題になりました!
ベテラン社員のKさんに話を聞くと、今のようにLPガスが普及していなかった時代、煮炊きに使われていた商品だとのこと。

それこそ、HPの「川嶋会長の思い出1」の頃の話ではないですか!
「ミニクック」をきっかけに、LPガスが少しずつ広がり始めた頃の話を聞いて、当時に思いを馳せる事が出来ました。

昭和48年当時 当社泉町店

(昭和48年当時 当社泉町店)

今では毎日何気なくガスを使う事が出来ていますが、歴史を重ねた上で、今の便利な世の中になっていることが再確認できた一日でした。

 

最後に、取扱説明書の中にあったページをご紹介♪

 

 

 

 

 

 

イラストやコメントがまさに昭和レトロ!見ているだけで楽しくなりますね 🙂 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください