寒波に備えて!

今週末はかなり冷え込む予報となっております。

 

 

 

 

 

 

 

この時期、朝から昼にかけてお湯がでないというお問合せを多くいただきます。
一番お湯が使いたい時間帯にお湯がでないと困ってしまいますよね。

ということで、冷え込む前の晩からできる給湯器の凍結対策をご紹介いたします。

①寒波が来るとわかったら……

給湯器リモコンを切り、おふろの給湯栓からごく少量のお水を出しておく。
貯まったお水は洗濯などに再利用するとgood!
追いだき付ふろがまの場合は浴槽に残り湯をためたままにしておくとよいです。

 

②給湯器のコンセントは抜かない

節電のためとはいえ、この時期は給湯器の凍結防止装置が働いています。
コンセントは抜かずに、給湯器は必ず通電しておいてください。

 

【注意】配管が凍ってしまった場合は、自然解凍を待つのが一番です。
 配管に熱湯をかけたりすると破損の元になります。

 

その他、詳しい対処方法はノーリツさんのサイトで紹介されています。ぜひチェックしてみて下さい!
冷え込み厳しい中、お風邪など引かれないよう温かくしてお過ごしくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください