オイルタンクの水抜きしてますか?

こんにちは!
川島プロパングループの溝口です。

今回は、オイルタンクの水抜き方法を教えたいと思います。

 

水の混じった灯油を使うと機器の故障につながるので、定期的な水抜きが必要です。

オイルタンクに水がたまる原因として、タンク内の温度変化によってタンク内空気の水蒸気が結露することがあります。

また、雨の日の給油等でタンク内部に水が入ることがあります。

定期的な水抜きを行うことで、こうしたタンク内の結露水と溜まったサビ・やゴミなどの排出を行うことができます。

 

 

手順として

①透明なコップを用意する

②オイルタンクの下部にある水抜きバルブを少し緩める。チョロチョロと灯油が出てくるのでコップで受ける。

③コップの中に水玉のようなものがコロコロしている、また汚れている場合はなくなるまで少しずつ出す。

④濁りのない液体になったら、水抜きバルブを閉めて終了。

水抜きご希望の方はご連絡ください!!

川島プロパングループ 溝口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください