おうち時間を楽しもう!美味しいコーヒーの淹れ方編

おうち時間でもカフェ気分が楽しみたい……。
そんな方必見!美味しいコーヒーの入れ方をご紹介します♪

おいしいコーヒーは3つの「たて」が大事!
煎りたて・挽きたて・淹れたて

煎りたて

お米の新米が美味しいように、コーヒーも新鮮さがとても重要。
コーヒー豆の水分量は約1%なので腐ることはないし、飲むことはできます。
しかし、古い豆を飲むと、胃もたれしたり気分が悪くなったりする方も。焙煎から時間が経つ前に飲み切るのがおすすめです。

 

 

挽きたて

コーヒーは挽いたものに比べて、豆のままの方が空気に降れる表面積が格段に少ないため、鮮度や風味が長持ちします。
飲む時に合わせて豆を挽けるとベストです。
空気に触れる面積が少ない=酸化が遅く、空気が触れる面積が大きい=酸化が早いということになります。

 

 

淹れたて

飲むときに飲む量だけを抽出して飲む、淹れたてのコーヒーが一番美味しいのは間違いありません。
淹れたコーヒーを温めなおしたり、ウォーマーなどで保温しておくと煮詰まってしまい、風味が落ちます。電子レンジだと部分的に熱くなってしまうということも……。
ちなみに、新鮮なコーヒーは冷めても美味しいですよ!

 

次回はコーヒーと相性の良いスイーツの組み合わせについてご紹介します!お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください