暦の上ではもう、「立秋」ですが・・・まだまだ残暑厳しい日が続きますね(汗)



夏の疲れが出やすい頃ですが、皆様体調は崩されてませんか?

さて今回は、先日 「京セラ太陽光発電システム SAMURAI 4.38kW」を導入頂きました

ひたちなか市 S様邸 の工事の様子をご紹介したいと思います。

設置する屋根は・・・スレートの寄棟屋根です。 

AM9:00 入念な工事打ち合わせ後に工事スタート

①まずは、屋根に「垂木」の位置を墨だし、金具を取り付ける位置を確認します。

 0043

 

 

 

 

 



②システム架台を固定する金具(直金具)を屋根面に取り付けます。もちろんコーキングで雨対策も万全。

0121

 

 

 

 

 

 

 ※金具は、屋根裏の垂木にしっかりと固定。0191

 

 

 

 ③架台(ステップバー)を金具に固定させる。010

 

 

 

 

 

 ④そして、いよいよ太陽電池を取り付けます。

021

 

 

 

 

 

 太陽光パネルと屋根面の隙間が少なく、一体感があります。 029 まさに「スタイリッシュ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その頃、家の中では・・・0371 発電した「直流電流」 を、ご家庭で使える「交流電流」に変換する「パワーコンディショナー」を設置。

 長く使うモノだから・・・屋内設置にこだわるのが「京セラ流」

何十年もの間、雨・風にさらされる屋外設置と比べると、

この差はかなり大きいですよ!

 

 また、分電盤脇には太陽光専用ブレーカー「サービスブレーカー」

 039

 最後に、太陽電池の線をまとめて・・・外壁の接続箱(左側)へつなげて 「完成」

026



 

 

 

 

 

 

0541左側(接続箱)・・・配線を1つにまとめて、屋内のパワーコンディショナーへ

右側(昇圧ユニット)・・・屋根面によって違う太陽光パネルの電圧を調整する。

作業終了はPM6:00 そうです 大方1日で取り付け工事は終わるんです。(※設置条件によって異なります。)全体の完成写真をお見せしたかったのですが・・・ピンボケでして(汗)

申し訳ございません。 次回の記事には掲載したいと思います。

さてさて、これからどれだけ発電するのか♪ 楽しみですね。