こんにちは!

fan(ふぁん)²です。

 

今日はIH体験料理教室がありました。

初めて参加されたN様は1歳のお嬢様を連れて来てくださいました。

全然人見知りしない、愛嬌たっぷりの可愛いお子さんです。

靴は な、懐かしい☆ピーピーサンダルみたいな音のなるもの‥‥

思わず、まーぶるさんと『うちの子達もこういうときあったよね~』と話しました。

 

 メニューはお客様のご要望で1月のお好みパンを作りました。発酵もバッチリで美味しく焼けましたよ。

 

 

 

今日は災害時のオール電化のお話です。

ニュージーランドの地震の映像がTVで放映されていますが、多くの犠牲者が出てしまいご家族の気持ちを思うと胸が痛みます。

 

災害時の被害を最小限に食い止めるためには、ライフラインの迅速な復旧が不可欠です。

実は電気は復旧が早いので、オール電化住宅ならいざというときも安心なのです。

キッチンや給湯、冷暖房に火を使わないため火災のリスクが低いのも大きなメリットです。

 

エコキュートや電子温水器は貯湯式。オプションの「安心コック(非常用取水栓)から直接水が取り出せるので、非常災害時の生活用水としても使うことが出来ます。

      370Lの貯湯タンクなら、家族4人分の約3日分の生活用水の備えに。

 

 私の仲良しの先輩は阪神淡路大震災時にご主人の転勤で神戸にいました。

彼女には3人のお子さんがいて一番下のお子さんは当時まだ赤ちゃんでした。

幸い、会社で借りていたマンションが耐震にすぐれていた建物だった為、家族は全員無事だったのです。

 地震の時の揺れ大きさを聞いてみると お弁当箱に何か物をを入れて蓋してそれを振った感じだよ、と言っていました。

また、水の確保がとても大変だったという話も‥‥  

 

使いやすくて光熱費が安いのももちろんだけど、いざというとき、家族や自分の身を守るために

 オール電化にしませんか?