川島プロパン|茨城県ひたちなか市・水戸市・日立市|LPガス・灯油販売、太陽光、キッチン・トイレ・お風呂のリフォーム、水廻りのメンテナンス

2013年2月号ピックアップ

ほっとらいん情報ほっとらいん情報

暮らしとエネルギーの情報誌ほっとらいん ピックアップ

2013年2月号ピックアップ

寒い時期のお風呂の入り方

1.温度差をなくす

私たちの身体は、温度差が大きな影響を与えます。
脱衣所で洋服を脱ぎ、身体が冷えた状態でお風呂に入り、身体を温めると身体にはかなりの負担がかかります。特に血圧に影響を与えるので、注意が必要!
脱衣所には、小さな電気ストーブなどを置いておき温かくしておく事や、浴室もシャワーを少し出しておく、また浴槽のフタを開けておくなどして、温かい状態に保つようにしましょう!
寒い日のお風呂の入り方

2.ゆっくり、ゆっくり

湯船に急に浸かるのではなく、しっかりとかけ湯をしてから入るようにしましょう。
湯船に入る際は、まず足から、次に腰まで、次に胸までと順番に浸かるように、お湯の温度に、「ゆっくり、ゆっくり」徐々に身体を慣らしていきましょう。

3.ゆっくりしない

湯船に入るまでは、ゆっくりゆっくり、湯船に浸かってからはあまりゆっくりしない方が、実は良いのです。
長時間浸かっていると、体内の水分が奪われますよね。そうすると、粘度の強いドロドロの血液が脳に必要以上に巡る事によって、脳梗塞を引き起こしやすくなってしまうのです。
だから、ゆっくり入って、湯船ではゆっくりしない。これが大事!

4.必ず水分補給を!

入浴前後に、コップ1杯程度の水分補給を必ずしましょう。
入浴中は、思っている以上に汗をかいています。つまり、身体は脱水状態に陥りやすくなっているのです。入浴後は、喉が渇いているので水分を摂る事が多いですが、入浴前に水分を摂る事は、意識していないとなかなか忘れがち。
入浴前の水分補給は、必ず摂るように心がけましょうね!

冬の知恵袋

縮んでしまったセーターは、トリートメントで元通り!

縮んでしまったセーターには、エアトリートメントが効果的!
洗面器に水を入れ、約15gのエアトリートメントを溶かし、30分程度つけておきます。
「アモジメチコン」という成分が、縮んで絡まったセーターの繊維をまっすぐにのばしてくれます。
つけた後は、洗濯機の脱水に1分程度かけ、自然乾燥すればおしまい! ふっくらとした仕上がりになりますよ。
縮んでしまったセーターは、トリートメントで元通り!

「服についたたばこの嫌な臭い」は、スチームアイロンで!

服についたタバコの嫌な臭い!なんとかしたいですよね?
臭いをとるには、「スチームアイロン」が役に立ちます。
ぬるま湯に浸して固く絞ったタオルをセーターにあて、その上からアイロンをかけます。
すると、スチームが蒸発するときに、臭いの成分も一緒に取り除いてくれるのです。
ちなみに、使った後のバスルームにつるしておく方法も効果的です!
「服についたたばこの嫌な臭い」は、スチームアイロンで!

ほっとらいん

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。 TEL 029-273-8751 土曜・日曜・祝日も安心の通常営業!

ほっとらいん

PAGETOP
Copyright © 川島プロパン All Rights Reserved.